なんか違うねんなぁ… アトピーの「掻く快感」が解明された件

明日から3連休ですね。僕は土曜日は奥さんと劇団四季の「ライオンキング」、日曜日はアトピー生活応援セミナーです。楽しい週末になりそうです☆

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

2014/1/10の新聞でこんな記事が出てました。

掻いた時に気持ちいいと感じているのは「脳」です。で、どうもその快感は、ギャンブルで勝った時や人から褒められた時の快感と同じなんだそうです。そういう時と同じ脳の「報酬系」という部位が反応してるんだそうです。

だから、掻くのをやめられない。掻くから皮膚が壊されてアトピーが酷くなって、治りにくくなるんだそうです。

それがわかったから、「報酬系」があまり活発にならないようにすることで、掻かないようにすることができるかもしれない。「掻くのを抑える」という新しい治療ができると期待されているんだそうです。

う~ん、な~んか、ズレてる感じがするんですよねぇ。

そもそも僕は、掻いたからといって、アトピーから抜け出せなくなるとは考えていません。「掻く」ことと、「アトピーから抜け出す」ことはほとんど無関係だと考えています。

僕はアトピー脱出期間中もボリボリかいてましたし、僕の周りにいるアトピー完治経験者に話を聴いても、皆さん「掻いてたよね~」と言います。

掻いててもアトピーから抜け出せるってことですよね。

お医者さんや周囲の人から

「掻かないほうがいいよ」

「掻くと治らなくなるよ」

って言われ続けるので、僕たちは掻くことに罪悪感を感じるようになってしまっています。

掻いた後の罪悪感

2013.06.23

でも、本当は掻いてたって脱出できる人はできるし、掻くのを必死で我慢してるけどなかなか改善しない人もいるんですよね。

だから、いちいち罪悪感を感じる必要はないし、掻きたければ掻いたらいい。その後ちゃんと皮膚が修復できるように、刺激の少ない成分で保湿をし、材料(タンパク質)を摂ることのほうが建設的だと思うんです。

もちろんいろんなアプローチが出てくることは歓迎します。アトピーのことを研究してくださるのは嬉しいですし、研究者の方々の熱意と献身には敬意を表します。

でも、「もっと本質を見てくれよ…」というのが本音かな。

多くのアトピー完治経験者の声を凝縮して発信できたら、医療や研究の現場も変わるかもしれないと思っています。

アトピーは「治らない病気」ではない。

抜け出せるし、病気ですらない。

治療というより、ダイエット。

医者には治せないけど、自分で改善できるもの。

そんなメッセージをこれからも発信していこうと思っています。

これに共感していただけるアトピー完治経験者の皆さま。僕たちの力を結集できたら面白いと思いませんか?

アトナビの活動としてこんなことをやってみるのも、ありかもなぁ^_^

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。