出版のお知らせ

2018年11月に初の書籍が出版されました!

新発見!うちの子はアトピーが好きらしいぞ!

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。


今日2歳10ヶ月の息子から面白い話が聞けましたので、みなさんにもシェアさせてください^_^

痒いの好き?嫌い?

今日ね、昼寝から目覚めた息子が、手首とか膝裏をボリボリ書きながら「かゆい、かゆい」って言うから、「よっしゃパパが掻いたろ!」言うて優しめに掻いてあげてたんです。

あ、最近読者になった方は知らないかもしれませんが、うちの息子もアトピー持ちでして、手首、肘の内側、膝裏、足首、背中が痒いんです。まあ、子供によくある、軽度のアトピーですね。部分的にジュクジュクになったりしたこともありますが、食べ物と栄養摂取を意識して、キズパワーパッドで有名な「ハイドロコロイド絆創膏」で保護したりしてたらだいぶましになりました。

それでも今も痒いわけ。

で、我が家では「掻かないの!」ってできるだけ言わんとこうって夫婦で話してて、掻くことを許容してるんです。その理由はこちらとか読んでいただけるといいかな。

でも、あんまり強く掻いて傷になるのもできれば避けたいなと思うので、よく「親が掻いてあげる」という方法を取っています。僕らの手が開いてるときは、極力掻いてあげる。手が空いてないときは「自分で掻いときー」ですが笑

この方針で「掻いちゃう問題」はずいぶん落ち着いています。掻き壊すことも減り、掻いちゃだめー!ってヒステリックになる必要もない^_^
我ながらなかなか妙案だと思っています。

あ、前置きが長くなりました。

ほんでね、今日も僕が本人の代打で掻いてあげてたわけですよ。

患部を見ると、ずいぶん乾燥してたので、

「ちょっとぬりぬり(保湿のこと)しとこっか?」

って言ってみたら

「いらん!」

って言うので、

「えー、でもパパはぬりぬりしたほうが治りやすかったよ?」

って自分で言ったときにふと考えました。

この子はこの痒い状況を嫌がってんのかな?もしかして喜んでるんちゃうか??

って。

んで、聞いてみたわけですよ。

なあなあ、かゆいの嫌い?それとも好き?

そしたら、こんなやり取りになりました。

息子
すきー!

わお、まじか!何が好きなん?

息子
えっとねー、こうやってかいたら音がするのとかすき。あとねー、かいてもらうのもすきー。

へー!そうなんやー。音がするのおもしろいんやなぁ。自分で掻くのと、パパとかママに掻いてもらうのはどっちが好き?

息子
パパとママにかいてもらうの

そっかー。パパに掻いてもらうん好きかー。

息子
すきー

ママに掻いてもらうんも好きかー

息子
うん、(ジャンプしながら)すきー!

だそうです笑

うちの子はどうやら、痒いままでいいみたいです笑

子どものアトピーを気にするな!って言いたいわけではありません。

アトピーの子どもたち全員がうちの子と同じ意見ではないでしょうし、重度の症状であればこんな話、茶番でしかないと思うでしょう。

でも、本人の気持ちって、親には想像もつかないところにあったりするんだなと。

「音が出るのが楽しい」っていう答えは僕の中では完全に想定外でした。

アトピーを「排除すべき病気」と捉えるのが親の常識かもしれません。でも、ちょっと立ち止まって、先入観を取っ払って子どもと対話してみると、意外と問題ではなくなるかもしれません。

むしろ、本人にとっては望ましいことですらあるかもしれないのです。

僕もこれからも息子の健康に関して、できるだけ意識していこうとは思いますし、アトピーも快方に向かうことを期待していますが、少なくとも今は、大きな問題と思わず、優しく掻いてあげるというスキンシップを大切にしたいと思います。

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。