「アトピーは治さなくていい」なんてひどい!とのことです

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

読者の方からこんなメッセージをいただきました。

感想ですがいいですか?

いつも、ブログ拝見しております

今回はとてもがっかりしたからです。

いろんなかんがえ方の人がいるとは思うけれど、それでもやっぱりアトピーは直さなくていいって。。。

少しひどいと思いました。

治った人の上からの意見だと感じました。

あなたのように二年ステロイドを塗って、脱ステして何年かしてツルツルピカピカですって言ってる人に何年も何年も死ぬほど辛い思いしてる人もいるのに、ブログで発してはいけないと思いました。

アトピーを味わい尽くせない人もいるのです、あなたは治ったからそう言えるのです。

アトピーが原因で自殺する人もいるのです、間違っても治らなくていいとは発してはいけないと思います。

人に直してもらおうなんて思ってはいないけれど路頭に迷ってる人は山のようにいて苦しんでいるあなたはたまたま運良く早く道が開けたそれだけではないでしょうか?

もちろん努力されて今があるとは思うし、それを商売にされているのだからそれはそれでいいと思いますが。ね。

少し無責任な発信だと思いました。

 

だそうです。

どうやらこの記事を読んでの感想のようです。

桑野さんのところで指導を受ければ短期間で治せるんですか?

2015.01.22

ずいぶん怒ってますね。

傷ついている。

今日はこれについて書きますわ。

 

発信するのは怖いのよ

 

実は僕、いつも怖いんですよ。

ブログ・メルマガの投稿ボタンをクリックするのが。

僕が書いた文章でこんなふうに傷つく人がいることを知っているので、

「あ〜、またなんか批判されるんじゃねぇかなぁ」

とブルッと震えながら投稿してます。

これマジね。

 

で、やっぱりたまにいるわけです。

しかもこうやってご丁寧に意見をくれる。

きっと、メッセージなんて送らずに静かに読者登録を解除している人もいるんでしょう。

それはそれでいいの。

僕を気に入らない読者さんがいなくなるということは、僕を気に入ってくれてる人が残るということ。

これはありがたいことなんです。

みなさんも僕の言葉が気に入らない場合は、できれば静かに読者解除でお願いします笑

 

だって、こういう意見をもらうのって、やっぱり気分のいいものではないからね。

もちろん、世の中に向けて自分の言葉を発信している者として、どんな批判や非難も受ける覚悟で書いてますよ。

こういう嫌な気分を経験することも、初めからから織り込み済みなんです。

それが嫌ならこんな活動やるべきじゃないよね。

 

だから、「嫌なら読まなきゃいいじゃん!」みたいなことは言わないでおこうと思います。

この方はこの方なりの人生経験からこういう反応が出てきたわけで、それを否定する権利は僕にはないしね。

 

ただ、できれば静かに解除して笑

 

ま、この怖さを感じなくなったら、僕はもう深みのある文章を書けなくなる気がするので、当面は怖さを味わいながらやり続けることにします^_^

 

「治さんでいい」の意味

 

さて、この方は「アトピーを治さなくていい」という言葉に強く反発しています。

そんなことを言うべきじゃないとのこと。

軽蔑すらにじませていますよね。

 

でも、僕はこの言葉を撤回することはできません。

心からそう思っているから。

 

改めて言いましょう。

 

 

アトピーは治さなくてもいいですよ。

 

 

もちろん治してもいいんです。

 

あ、この話する前に、、、

この方はとてもいいこと言ってます。

僕は自分でもよく言ってるんですが、「僕は運が良かっただけ」です。

たまたま分子栄養学に出会って、たまたまそれが直感に響いて、たまたま品質の良いサプリメントやスキンケアに出会って、それを続けたらなんか知らんけど良くなった。

それだけのこと。

アトピーが良くなるかどうか、これは最後は「運」だと思っています。

「理論より運」と言っても過言ではない。

ただ、いわゆる成功者と言われるような、運を掴んだ人たちが口を揃えて言っているんですが、どうやら運を掴む人には掴むだけの理由があるみたいなんです。

ですから、運をつかめるメンタリティを準備しておくことはとても大切だと思っています。

これはまた別の機会に思い出したら書きますね。

 

で、もちろん治してもいいんですよ。

でも、治さないという選択肢もあるということです。

 

これはとても大切なことなんですが、人生にはあらゆる場面で選択肢が用意されています。

そして、目の前の選択肢から、自分で「どれかを選び取る」という行為が人生を作ります。

多くのアトピーの人が無限ループにハマってしまう理由の一つは、「アトピーを治さない」という選択肢がそこにあるにも関わらず、それを無視しているからです。

 

アトピーが治らなきゃ次に進めない。

アトピーのせいで自分は不幸なんだ。

アトピーが消えれば幸せなんだ。

あたかもアトピーを治さなければゲームが終わってしまうように感じている方が多いわけ。

 

違うんですよ。

アトピーとともに歩む人生もあるの。

それは辛く苦しい時間だけど、実は本人にとって意味のある時間であることが多い。

悲しい、寂しい、孤独、怒り、焦り、劣等感、多くの人はそういった感情をできれば感じずに生きていこうとしています。

でも、そうすると幸せや喜びへの感度も鈍ってしまうんです。

アトピーによって嫌な感情をたくさん味わうことで、実は幸せや喜びへの感度を高めている側面があるし、何よりその人の人生には深みが出ます。

 

このメッセージを送ってきてくれた方は、アトピーを治したいという強い思いを持っています。

それは素晴らしいことだと思います。

人は向上心で輝くことができます。

 

しかし、それは裏を返せば、アトピーである自分を強烈に否定している可能性があるんです。

僕の発言を「上から」と感じている時点で、自分は「下」だと認定しているわけですし。

この状態では、

  • アトピーを治す
  • アトピーを治さない

という選択肢のうち後者が見えなくなってしまうので、「選択」という行為自体ができなくなります。

「選択」のない人生は前に進みません。

だから延々とその場を回り続けることになります。

 

アトピーに限らず、人はいろんな場面で無限ループにハマります。

 

仕事を辞めるという選択肢

パートナーと別れるという選択肢

夢を諦めるという選択肢

ホームレスになるという選択肢

日本を離れるという選択肢

 

「それはないわ」って横に退けてしまった選択肢があると、人生は前に進みにくくなります。

 

今の仕事を辞めてもいいし、続けてもいい。

どっちにする?

っていうのが選択です。

 

アトピーを治してもいいし、治さなくてもいい。

どっちにする?

っていうのが選択です。

 

ぜひ、「治さなくてもいい」っていうのを選択のテーブルに改めて置いてみてほしい。

その上で、「治したい」を選んでみてほしい。

それは、今まさに生きているアトピーとともに歩む人生を否定しなくなる瞬間でもあります。

きっと今までとずいぶん違った感覚で行動できると思います。

 

 

人の存在価値はアトピーに左右されない

 

アトピーになるとすっごい劣等感出てきます。

僕もそうだったし、この方もそうなんだと思う。

さっき「下」認定の話したけど、まさに、アトピーじゃない人のほうが存在価値が高く、

アトピーである自分は存在価値が低い。

そんな感覚。

 

でも、そんなことないのよ。

アトピーだから価値が下がってるわけじゃない。

全く関係ない。

 

僕はアトピーのせいで自分がだめになったように思っていたけど、そうじゃなかった。

アトピーでしんどかったら、人に助けてもらえばよかったんよね。

助けてもらえるってことは愛されてるってこと。

でも僕は助けてもらおうとしなかった。

こんなに見た目の汚い自分が、助けてもらったりしたら余計ダメな人間になると思ってた。

僕がこうやって孤立していったのは、結局自分で自分を「下」認定してたから。

しかも、自分で認定してるだけなのに、周りからも同じ認定を下されてると勝手に決めつけてたもんだから、

変に強がったり、

卑屈になったり、

傷ついたアピールをしてみたり、

自虐に走ったりする。

だいぶめんどくさいやつになってました(恥)

 

何勘違いしてんのかね?

自分の「下」認定が世界に通用するとでも思ってんのかね?

 

あとあと検証していくと、

僕の「下」認定は僕の中だけでしか

効力を発揮してなかったみたいよ。

 

他の人の中には、僕が

「下」だとか

「ダメなやつ」だとか、

「汚い」とか

そんなんなかった。

みんな僕のことを心配してくれてたし、

尊重してくれてたし、

大切に思ってくれてた。

 

結局アトピーが僕を「下」にしたんじゃなくて、僕が僕を「下」認定してただけだったわけ。

アトピーであるということ自体は、僕の存在価値にプラスもマイナスもなかったのね。

 

だから、冒頭のメッセージをくれた方に言いたいのは、アトピー治ってない今の状態で、自分を認めてみようよってことです。

アトピー治ってない今の状態で、人から愛されてみようよってこと。

このメッセージがどんなふうに届くのか僕にはわからないけど、結局怒りを助長するだけに終わってるかもしれないけど、それでも、いつかいろんなことが良くなることを祈ってます。

 

不満があればまたいつでもメールください。

僕は嫌な気持ちになる準備、できてますから^_^

 

 

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。