【Q&A】サプリがそのまま出てきます。

 

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

この3連休、京都は祇園祭真っ最中。

市街地はすっごい人だかりでしたよ。

「鉾(ほこ)」と呼ばれる山車がそこらじゅうで見られます。

 

Wikipediaによると、9世紀から続く祭りなんだって。

863年に富士山大噴火、869年に東北で大地震と立て続けに災害が起きたので、それを鎮めるために行ったのが起源だそう。

自然災害は今に始まったことではないのよね。

ついつい狭い視野で「地球がおかしい!」とか言ってしまうけど、歴史を紐解くと、これが普通なんだということになる。

こうやって動いている地球だからこそ生命が誕生し、繁栄しているわけで、災害がなくなったとしたら、そこに命は生き続けられるのか?っていう話なのかもしれません。

 

とは言え、、、

僕の地元、大分県日田市が大きな水害に見舞われました。

先日帰省したときも、かなりの惨状を目にしました。

大好きな小鹿田焼の里も崩壊しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011057021000.html

 

よかったら募金に協力してください。

お願いします。

http://www.city.hita.oita.jp/kinkyu/saigai_info/7389.html

 

 

さて、今日は頂いていた質問にお答えしますね。

 

胃腸が弱く、サプリもそのまま出てきます

 

【質問】

アトピーが出れば重症に、出ないととてもきれいな肌でずっとぐるぐるしてきました。

桑野さんのおっしゃる栄養分子学も少しかじりましたが。。。挫折。

それには理由があってたんぱく質を消化する健康な胃や腸が私には整わず。

皮がこんなに剥がれ落ちるのだからたんぱく質が足りていないのはよくわかります、

というか何もかも足りていない桑野さんはそこはどーやってクリアしましたか?

胃腸がそもそも弱いのにたくさんの栄養をどのように体に送り込むのでしょう?

よく噛むことごもっともです、サプリもそのまま出てきてしまうほどの胃腸です、どうぞよろしくおねがいします。’

 

サプリがそのまま出てくるというのがにわかには信じられなくて、詳しく聞いてみたんですが、本当に錠剤のまま出てくるそうです。

そういう方、他にもいるのかな?

そもそもサプリメントは、溶けやすいように作られているわけで、それが溶けないってことは、消化液が出ていないということです。

看護師である妻に聞いてみたら、

「かなり体力の落ちた高齢者にそういう事象が見られる事があるけど、普通の人だと見たことない」

とのこと。

となると、まず疑うのは、胃腸に何か疾患があるのではないか?ということになります。

もしそこで消化器官に疾患が見つかれば、僕の出る幕ではありません。

ですからまずは専門医を受診して、現状を把握することをオススメします。

 

疾患がないということなら、消化液を出すということから始めましょう。

おそらく唾液も出ていないので(※)、まずはそこからです。

  • よく噛んで食べる(食事に使う時間を今の2~3倍に伸ばしてみてください)
  • 食前に生姜やお酢、梅干しなどの渋み・酸味のものを食す
  • 食事の匂いを十分嗅いでから食べ始める

をオススメします。

唾液が出るようになると、その刺激で、胃液や胆汁や腸液などの消化液も

出始める可能性有り。

※質問者の方に聞いてみたらやっぱり「唾液、少ないです。とにかくカラカラです」とのこと。

 

自分に足りていないものをどうやって判断しましたか?

 

【質問】

近くに栄養分子治療をしている医者をみつけたので血液検査してこようかと思っています。

桑野さんは独学でとありますがなにが足りていなかったのかもご自分でご判断されたのでしょうか?

 

僕はその判断はせずに取り組みました。

理由は「費用がバカ高い」。

当時の僕はお金なかったんで、検査できなかったんです。

なので、栄養の量でカバーしました。

栄養素の必要量には個人差があります。

例えばビタミンCの必要量は

1mg/日で足りる人もいれば、1000mg/日が必要な人もいます。

自分がどちらの人間なのかわからないので、とりあえず1000mg摂っとくわけね。

 

種類もまんべんなく摂りました。

マルチビタミン・マルチミネラルのサプリメントでほぼ抜け漏れなく摂取。

でも、後で気付いたんですが、亜鉛だけはそのサプリに入ってなかった。

アトピーの人に亜鉛は必須なんで摂ったほうがいいんだけどね。

ま、結果オーライだ笑。

 

タンパク質はアミノ酸スコア100のプロテインで補えば一応大丈夫。

ただ、今思えば、アミノ酸スコアは必須アミノ酸だけを対象にしてるので、非必須アミノ酸については足りてたかどうか不明。

非必須アミノ酸は必須アミノ酸から作れるけども、その変換分だけではまかなえない場合もあるので、不足分はやっぱり食事で摂るべきだと思います。

 

そう考えると、ちゃんと検査して、専門家の指導を仰ぎながらやっていくのが理想なのかもしれません。

でも、そこまで神経質にならなくても、うまくいった人間がここにいるということは、ひとつのケースとして参考にしてください。

 

完璧を目指せばうまくいくとは限らず、

不完全だからうまくいかないというわけでもないのです。

1ヶ月だけ100点のケアをするよりも、60点を1年続けることのほうが価値があるのが、体質改善の面白いところでもあると個人的には思います。

 

今も保湿してんの?

 

【質問】

桑野さんは健康な肌になった今も毎朝からはじまって5、6回の保湿してらっしゃるのでしょうか?

みなさんに聞かれると思うのですがどこの保湿クリームつかわれてますでしょうか?

教えていただけたら嬉しいです

どれもこれもかぶれるので。困っています。

 

今は保湿は朝晩1回ずつです。

しかも最近では顔しかしてません。

 

1日5〜6回の保湿……

めんどくさくてやってられん!笑

やってた当時の僕は、本当にアトピーから抜け出したかったんだと思います。

そうじゃなかったらできないっす。

僕、意思弱いんで。

 

顔だけ今も続けている理由は、美しくありたいから(笑)というのと、社会人1年目でアトピーが爆発した最初の地点が顔だったからです。

ここをケアしておくことは、僕にとっては大きな保険です。

 

ちなみに、皮膚がきちんと修復できて、栄養がしっかり摂れていれば、乾燥肌の人でもそれなりに皮脂が出ます。

そういう状態にまで持っていければ、乾燥肌のレベルにもよるけど1日2回で十分になってくると思います。

使ってるスキンケア製品は、ブログでもメルマガでもセミナーでも言いません。

薬事法という法律に触れる可能性があるので、製品名を出せないんです。

 

てことで、答えになってますでしょうか?

参考になればうれしいです。

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。