アトピー治ると思ってなかった

 

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

先日、TAO塾の波多野毅さんから大阪で公演するからおいでーと誘われて、行ってまいりました、JR環状線「芦原橋」!芦原橋、関西在住そこそこ長いけど初めて行った笑

波多野さんの講演は相変わらず面白い。漫談師も真っ青のリズミカルなトークで会場を沸かせていました。いつかこんな軽やかで笑いの多いトークができるようになりたいなーと自分の中にインプットしながら聴いてきました。

今年中に一度、波多野さんの経営する「TAOリトリート&カフェ」で合宿やりたいなーと考えてます。2016年に一度企画していたんですが、開催直前になって熊本大地震が発生。残念でしたが中止にせざるを得ませんでした。もう震災の影響は残っていないので(熊本市内、益城町周辺はまだまだ復興半ばですが)改めて企画したい。9〜10月くらいが狙い目かな。11月になるとかなり寒いんで。やれるかな〜。また決まったらお知らせしますね。

すっごい素敵な場所なんです。この動画見たら参加したくなるんで見ちゃダメですよ笑

こんなとこで2〜3日過ごせば、なんか気づきますよね。なーんにもしない合宿。そんなのでもいいかもしれない。昼は周辺のパワースポットを巡り、周辺の名湯につかり、食事はTAOの無農薬野菜、地熱で大豆を蒸して作ったお味噌、砂糖&動物性食材不使用のスイーツ。夜は輪になってカラダのことココロのこと宇宙のことについて語る。最高や〜。うんやっぱやろう。

あ、その前に山梨県の増富温泉で合宿するから、こちらにもぜひ来てくださいね!湯治湯として有名な温泉に加え、ミネラルたっぷりの大地に根ざす原生林。心身ともにリラックス&デトックスの環境で、一緒にアトピーについて学びましょう。ヨガ講師まなみんと心理カウンセラーかとちゃんと一緒にみなさんを一皮むいちゃいます。

お申込はこちら!

『アトピー性皮膚炎を語り合おうよ2日間』 in 山梨・増富温泉
日時:2018年5月19(土)〜20(日)

場所:みずがき山リーゼンヒュッテ

詳細・お申込:https://resast.jp/events/239189

 

今日はちょっと昔を思い出したので、ブログに書いてみようかと。

 

 

アトピーから抜け出せる確信はなかった

 

2005年〜2008年の間、僕はアトピーから抜け出すために、せっせと体質改善に取り組んでいました。必要と言われる栄養をたっぷり摂り、スキンケアを徹底して、プラス思考を心がけ、姿勢を正し、新しい人に出会うべくいろんな場所へ出向いていきました。

生活習慣をガラッと変えて、新しい習慣を身に付けていくのって、僕は苦手なんです。惰性で過ごすほうが楽だし、面倒なことはしたくない。だけど、アトピーからは抜け出したかったんですよね。だから、結構がんばったと思います。

「分子栄養学」っていう考え方に出会った時、ビビっときたのは大きかったですね。「これは行けるかもしれない…」っていう直観。その直観がスタートラインにあったから続けられたのかもしれません。

 

ただ、一直線に良くなっていくわけでもなく、やっぱり波はあって急激に悪化することもありました。ある程度改善してからは、階段の踊り場のような状態で、そこからなかなか良くならない時期も1年以上続きました。それでも一つの方針を曲げずにやり続けたことは、今振り返っても「よくやった!」と自分を褒めてあげたくなります。

 

ただ、こういう話をすると、「やっぱり確信がないと続けられないですよね。私、なかなか確信が持てなくて…」とか「どうしてそこまで信じられたんですか?」みたいなことを言う人がいるんで、改めて言っておきますね。

僕には確信なんてなかったよ。

「今の方針で続けてもこれ以上良くはならないんじゃないか?」って言う疑いは常にありました。

かゆみ止めの抗ヒスタミン剤や抗ロイコトリエン薬を使ってたので、「今もこの薬のおかげで症状が収まってるだけなんじゃないか?」っていう可能性も否定できませんでした。

プラス思考を心がけて、いつも明るく元気に「絶好調!」って言ってる自分を、「バカじゃないか?」とちゃかす自分も常に頭のどこかにいました。

 

だけど、淡々とやったんですよね。諦めたり、手を緩めた事もあったけど、すぐまたやり始めた。淡々と。もう、その日その日のことしか考えてなかったっていう方が正確かな。

「いつまでに良くなるんだ!」とか「良くなってこんなことするんだ!」とか、そんな目標設定やイメージもありませんでした。目標設定の立てようがないでしょう?アトピーの出る出ないはコントロール不可能だってこと、イヤというほど分かってたから。

とにかくなんの当てもなく、確証も確信もなく、なんとなくの最初の直観だけを頼りに、3年間同じことをやり続けたわけです。

 

だから、「やっぱり確信がないと続けられないですよね。私、なかなか確信が持てなくて…」っていう人にはこう言います。

確信がなくても続けたら?

抜け出したいなら。

 

「どうしてそこまで信じられたんですか?」っていう人にはこう言います。

信じてねーし笑

ただ、抜け出したかっただけ。

 

抜け出したいかどうか、それだけだなと思うんです。

 

 

なにを最優先にしているか?

 

つまりは、優先順位がどこにあるかってこと。多くの人は、アトピーから抜け出すこと以上に、今の生活を続けることの方を優先しているんだと思います。「だからだめなんだよ」っていう話じゃないですよ。それは悪いことじゃなくて、そういう選択をしているというだけのことね。

人生の最優先事項はだいたい叶うのよ。人生かけてそれやるんだから。

 

例えば僕も、「アトピー改善アドバイザーという仕事を一大ビジネスとして成功させる」これを人生の最優先事項にしたとしたら、こんなちんたらメルマガやブログ書いていないよね。毎日書くよ。他の仕事なんかせず、家族ほったらかしで、セミナーしてカウンセリングして、いろんなバックエンド商材作って、ガンガン売るよね。

 

でも僕が今最優先事項としているのは、気分で行動することなんです。気分が乗ったら文章書いて、気分が乗ったらプログラミングして、気分が乗ったら家族と過ごしてっていう生活。で、基本気分が乗りやすいことだけしたい。気分が乗りやすい人とだけ付き合いたい。そういうことが最優先事項。

だから、それが実現してきているし、それにそぐわない部分、例えばビジネスの大成功みたいな部分は、現実にならない。

 

ダイエットが続かない人は、痩せることが最優先事項じゃない人なんじゃないのかな?「痩せられなくて困ってるんです」って吐いてる言葉とは裏腹に、「好きなもの食べて、しんどいことしたくない」っていう最優先事項は叶っている。

アトピーも同じ。「アトピーから抜け出せなくて困ってるんです」って吐いてる言葉とは裏腹に、「好きなもの食べて、しんどいことしたくない」っていう最優先事項は叶っている。

 

僕が淡々と続けられたのは、ただただ、アトピーから抜け出したいっていうことの優先順位が自然と高まっていただけなんだろうと思います。

みなさんの中ではどうでしょうか?一度優先順位を考えてみてください。ご自身にとっての最優先事項はなんなのか?

もしそれが「アトピーから抜け出すこと」ではなかったとしたら、もうアトピーを消すことは一旦置いといて、最優先事項にエネルギーを集中させることをやってみてはどうでしょう?その結果アトピーが消える人も見てきたし、アトピーのままで幸せに生きてる人もたくさん見てきました。

この人なんか、これ以上治す気ないとか言って、セミナー中チョコばっか食ってんだから笑

心理カウンセラーかとちゃん!

https://ameblo.jp/kussblue/

 

この人なんか、アトピーのまま半裸で踊ってたらアトピー良くなってきたっていうんだから笑

バーレスクダンサーなっちゃん!

この記事いいね。

http://www.gargery.com/along-with-her-story/19526/

 

 

アトピーを改善するっていうのも人生の大きなテーマかもしれないけど、その前に自分自身が何を優先したいのか?その本心のほうがもっと大切だと思うんです。自分の本音を捨ててまで、アトピーに向き合う必要はない。

逆に、本音を捨てていることに対しての、カラダからのアラームとしてアトピーが出ている可能性だってあると思います。

 

偉そうにアトピー改善アドバイザーとか名乗ってますが、僕はたまたまアトピーから抜け出すのが最優先だっただけ。自分の優先事項に素直に従った結果、アトピーが消えたんです。

 

「答えは自分の中にある」ですね。

 

みなさんが今、アトピーを最優先にしてるかどうかを確かめてみたいなら、4/28のトークライブをオススメします。最優先にしていた人が二人で当時のことを語ります。ぜひご自身と重ね合わせながら聴いてみてください。

アトピーから「抜け出した人」と「抜け出さない人」は何が違うのか?
日時:2018年4月28日(土) 15:45〜17:45

会場:ローズ会議室(東京駅八重洲北口徒歩2分)

詳細・お申込:https://resast.jp/events/247686

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。