【Q&A】家族がアトピーと向き合おうとしません

 

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

問い合わせの中にちょっと僕の気を惹く話がありました。

問い合わせフォームから頂いた質問やご意見は、こうして皆さんに向けて回答することがあります。

 

あ、そうそう、最近子どもの世話とかしてると、メール返してる途中で泣かれたりするわけですよ。

そうすると、返信するのをすっかり忘れてしまうことがまあまあの頻度であります。

返事が来てないぞ、コラァ!って方は、念押しのメールやメッセンジャー下さい笑

何度か念押しいただければ返すと思います。

こんな人間ですみません笑

 

今回頂いたお便り。

以前セミナーに参加された方からです。

娘さんがアトピーなんだけど、なかなか本気で抜け出そうとしないって話です。

※一部加筆・修正をしてます。

 

(セミナーから帰ってすぐは)それなりに優しく接する事ができましたが、娘が寝床から起きて朝ご飯を食べる時刻がだんだん遅くなり、この頃は午後1時を過ぎるようになっています。

痒くて眠れなかったのかな?と思い何も言わないように努力してますが、私もやっと我慢してる状態です。

オメガ3とプロテインを試してみない?と言っても反応がイマイチなので、まだ買ってません。

 

別にアドバイスを求めてらっしゃる感じじゃなかったけど、なんとなく僕自身にもピンとくるものがあったんで取り上げてみました。

 

 

善意のアドバイスは相手に伝わらない

 

このようなケースってほんと多いんです。

まさに典型的。

 

親子、

夫婦、

恋人同士、

親友同士、

先生と生徒。。。

 

いろんな関係性で同じような状況にはまっている人がこのブログの読者さんの中にもいらっしゃることでしょう。

 

アドバイスしている方は、心からの善意で言ってるのよね。

間違ったことも言ってなかったりする。

本人よりしっかり調べてたりする。

 

なのに、聞いてくれない、本気になってくれない。

 

なんででしょうね?

 

 

うんうん、うちも同じ!

って方、答え言いましょうか?

 

 

 

 

えっと、あなた、アドバイス求められた?

 

 

 

 

求められてないんだったら、アドバイスしても聞かないの当たり前よね。

 

 

 

 

いや、求められたよ!

だからアドバイスしたのにあの人は反応イマイチで、一つも行動しようとしないんだよ。

 

って方、

 

それ本当に求められてた?

「こうこうこういうことに悩んでて、アドバイスが欲しい。」

ってハッキリ言ってた?

なんとなくぶつくさ言ってるだけじゃなかった?

 

 

ハッキリ言ってなかったんだとしたら、それはアドバイス求めてないから、聞かないの当たり前よ?

 

 

「アドバイスしても行動しない人」というのは、すなわち「アドバイスを求めていない人」なんです。

そもそもその人にアドバイスする必要はなかったってことです。

 

え?この冒頭のお便りもアドバイス求めてないじゃん?って。

そこはもう、笑うしかないねwww

 

 

当然アトピーから抜け出したい気持ちは本人にもあると思いますよ。

でも、「あなたのアドバイスは求めていない」ということです。

 

だから、ぜひ、ほっといてください。

 

 

いや、そうは言っても、私もあの人のことが心配なんですよ!

 

って方。

 

「心配」ほど迷惑なことはないので、慎みましょう笑

 

 

僕もアトピー全盛期の頃、いちばん嫌いだったのが「心配される」ことでした。

 

「心配される」ほど自分はしょぼく見えるのか。。。

って凹んでました。

 

心配されればされるほど、強がりな自分が現れて「ボク、ヒトリデ、デキルモン」モードに入っていきました。

でも、このモードはなかなか疲れるんですよ。

だからなのかな?

いつも眠い。

そして起きるのが遅くなる笑

 

ほっといてもらえるほうが、ずっと楽です。

 

心配しなくても、人はみんな人生を切り拓く力を備えていますから大丈夫ですよ。

一人でできるんです。

 

できない時は誰かの助けを借りに行きます。

でも、それはあなたではないかもしれない。

寂しいかもしれないけど、誰の力を借りるかは本人が決めることなんで、やっぱほっとけばいいんです。

 

「ほっとけばいい」って言うと冷たいですかね?

これは別の言い方をするとね、「信頼する」ってことなんです。

 

今相手に伝わっているのは、「心配」というエネルギーです。

これを「信頼」というエネルギーに換えるんです。

 

「心配」も「信頼」も愛なんだけどね、受け取る側からすると、「信頼」の方が何か知らんけどずっと嬉しい。

 

こういうのって不思議だけど、言葉じゃなくて、何か知らんけど伝わってるんですよ。

 

あ、心配きたな。。。

あ、信頼きたな^_^

って。

 

心配しなくて大丈夫。

本人の持つ可能性と生きる力を信頼してみてください。

ほっときゃいいんです^_^

 

 

自分のこと心配しなよ

 

ほんで、もう一つあるのが、アドバイスしてる側の人、人の心配してる場合じゃないよ

って話。

 

これ、僕も自分でいつも反省するんですけど、人のこと気になってアドバイスしたくなるときって、自分が自分の課題に向き合ってないときなんですよね。

 

あの人がアトピーに向き合ってないんじゃないの。

私が私の課題に向き合ってないの。

 

ぜひ振り返ってみてほしいんですが、

みなさんにとって重要な課題ってなんでしょうね?

 

私にとって重要なのは、あの人のアトピーが良くなるかどうかなの!

 

って方。

 

それはあの人の課題であって、あなたのもんじゃないんで。

人の課題を奪っちゃいかんっすよ。

盗っ人猛々しいわ笑

 

いや、これマジで僕もよくやっちゃうんで、自省を込めて書いてます^_^;

 

 

じゃあ、みなさんの課題って何でしょうね?

 

パートナーとの関係をどうしていきたいのか?

どんな仕事をしていきたいのか?

どこに住みたいのか?

どんなライフスタイルを送りたいのか?

嫌いなことをどうやって辞めていくのか?

どのタイミングで変化を起こすのか?

自分にとってお金ってどういうものなのか?

親とどう和解するのか?

どんな人と友だちになりたいのか?

あの人になんて謝るのか?

人を愛することができるようになるのか?

自分を好きになれるのか?

自分にとって幸せってなんなのか?

 

いろんな側面で課題があるはずなんです。

それらの課題から目をそらしたい時、他の人の危うさを標的にしてアドバイスしに行ってる自分が見えるでしょうか?

 

恥ずかしながら、僕は見えるんですよ。。。

そういうモードに入ってると、ついつい奥さんとか後輩とか弟とか妹にアドバイスしてる。

振り返っていつも、あー、ダサい。。。って凹む笑

 

 

そして、アドバイスされた側はわかってるんです。

 

「お前自分のことやってへんのに、なにを人に偉そうに言うてんねん!」

 

って笑

 

だから、アドバイス聞いてくれるわけないの笑

 

そもそも、自分の課題に集中してる人は、人の未熟さにいちいち反応しません。

 

錦織圭選手が、

「あいつもっとこうしたらいいのに」

「あー、あの人あれがよくないんだよな」

っていちいちやってると思いますか?

そんな暇あったら自分のフォーム気にするよね。

 

これ、ある人に言われたことなんですけど、

「人の短所が気になるとき、それはお前が暇な証拠だ。自分の人生に集中しろ」

っていう話です。

指摘された瞬間「ぎゃふん」ってなりましたね。

まじで。

 

 

てことで、人へアドバイスすることの虚しさを感じていただけたのではないでしょうか。

 

もちろんアドバイスを明確に求められた時は、

親として、

妻として、

夫として、

親友として、

恋人として、

先生として、

的確に導いてあげてください。

 

でもそうじゃなかったら心配しなくていい。

信頼してあげて。

そしてそれぞれ自分の人生に集中しましょ。

 

そしたら世界はきっと平和です。

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。