メール講座を読んで人生が変わりました

 

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

またまた素敵な感想を頂きました。

メール講座を読んだことをきっかけに、いままで気づいていなかったことに気付いて、ステロイドを手放せたという例です。

良かったですね~^_^

 

アトピックキューブの感想です!

 

素晴らしいレポート、本当にありがとうございました。

とても分かりやすく、ナルホド、と思うことばかりでした。

そのおかけで人生が変わりました。

大げさだけど、自分にとってはそのくらいの変化が訪れました。

 

IgEのチンピラの話が分かりやすく(笑)ありがたかったです。

 

私は15年か20年近くステロイドを使用していました。

首とおでこに湿疹ができ、薬を塗らなけらばまた出る→塗る・・・

という生活を何気なく続けていて、気付いたら15年以上経っていました。

薬さえあれば、きれいでした。

 

3年くらい前から「ステロイドを使い続けるっていいのかな?」という疑問がようやく湧きあがり

いやはや、脱ステへの長い旅がはじまりました(;´∀`)

 

いろいろやりました。

食生活の改善もしました。

小麦粉と砂糖を一切やめました。ステロイドをやめました。

体全体に炎症が広がりました。

鍼もやりました。お灸もやりました。

整体にも行きました。

冷え取りもしました・・・・。

カウンセリングも受けました。

免疫についての勉強もしました。

 

お金いっぱい使いました(笑)

 

みたいな感じで、効果なく、ステロイドと仲良しの生活に戻ります。

戻らざるを得なかったのです。炎症がひどくて。

 

アトピックキューブを読む前は「もう今さら新しく知る情報なんてない」と思っていました。

でも、IgEの説明を読んだとき、すごくよく分かったんです。

「遅延性アレルギーの検査を受けてみようかな」という気持ちになりました。

IgGですね。

 

そしたら、発酵食品のアレルギーとわかりました(;´∀`)

味噌、醤油、漬物、納豆、塩麹、甘酒、酢、酒・・・・

日本食で良いと言われているものが、私にとってのアレルゲンだったのです。

「そんな日本人いるんかいッ」とツッコミを入れたくなりますが、検査してくれた病院では「過去3人いる」と言われました(^^;)

 

それと「リーキーガットだろう」という診断も受けましたので、桑野さんの腸のお話にもガッテンでした。

なんて素晴らしいレポートなんでしょうか!!!

 

今、私は調味料は塩のみで食生活を送っています。

そして、いともアッサリとステロイドと手を切れました。

 

「しばらく完全除去生活を送れば、その後はアレルギー値も下がるだろう」と言われましたのでそのあたりも腸内環境と関係しているんでしょうね。

 

自分のことを、長々と失礼しました。

とてもためになりました。ありがとうございました。

 

メルマガで遅延型アレルギーについて書いたことがあるので、それをきっかけに検査を受けられたのかな?

 

アレルギーの主役はIgEという抗体ですが、IgGという普段ウイルスとか細菌を相手にしている抗体が起こすアレルギーがあります。

アレルゲンに触れてから反応が出るまでに時間がかかるので、「遅延型アレルギー」と呼ばれます。

これは特別な検査をしないと判定できないので、自分が遅延型アレルギーを持っていることに気づかないでいる方がたくさんいるだろうと思います。

 

今回感想をくれたこの方のように、「え?そんなものに?」というような意外なものに反応していることがあります。

アレルゲンが特定できれば、それを半年間くらい除去した食生活を送ることで、その食材に対するアレルギーがキャンセルされるというのも遅延型アレルギーの特徴です。

つまり、半年後には食べられるようになっている可能性があるということです。

 

まあ、遅延型アレルギーについては、まだ研究段階のことも多いし、完全除去による栄養失調などの課題も残っています。

治療は必ず医師の指導のもとに行ってくださいね。

 

気になる方は、一度検査してみては?

保険適用外なので数万円の費用がかかりますが、何かヒントが得られるかもしれません。

 

それにしても、僕のメール講座がこうしてお役に立てたのは嬉しいです^_^

まだ読んでらっしゃらない方は下の登録用フォームから登録してみてくださいね。

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。