アトピーの人は体温を上げよう

 

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

急激な寒さにびっくりしますね。

カラダがぐんぐん冷えていきますが、できるだけ体温を高く保ちたいものです。

 

アトピーの人は体温が低い人が多いんですよね。

 

僕も半端なく冷え性でした。

カラダの表面は炎症で火照っていても、内部は冷えてる感じです。

一度寒い屋外へ出ると、室内に入っても、いつまで経っても温まらないんです。

 

人間の平熱は37度と言われています。

免疫系も、

腸内環境も、

副腎も。

アトピーに関係する場所は37度くらいの体温でベストパフォーマンスを発揮するように作られているわけです。

 

体温が1度下がると、ウイルスや細菌等への抵抗力は30%下がるそうですよ。

 

ちなみに、今僕の体温を測ってみたら「36.6度」でした。

まあまあかな^_^

 

平熱が36度以下の人は、カラダの機能がかなり低下している可能性があります。

体温を上げる工夫を生活の中に取り入れてくださいね。

 

 

体温を上げるために

 

(1)筋トレ

体温を作る場所は肝臓と筋肉です。肝臓の量は増えませんが、筋肉は努力で増やせます。

筋肉には「サルコリピン」というタンパク質があって、これが体温を上げる働きを持っているようです。ぽっちゃりの人の方が暑がりというイメージがありますが、脂肪は発熱しませんから、太っていて筋肉のない人よりも、細マッチョの方が体温は高いはず。

筋トレして、サルコリピンを増やしましょう^_-

 

(2)タンパク質摂取

筋肉を増やすためには材料が必要です。筋肉は「アクチン」と「ミオシン」という、二つのタンパク質の繊維でできています。どれだけ筋トレしても、これらのタンパク質の材料がなければ、筋肉は増えません。ただでさえアトピーの人は皮膚にタンパク質を持って行かれますから、筋肉をつけるためには、健康な人以上にタンパク質が必要だということになります。

通常の人は1日に体重の1000分の1が必要とされています。60kgの人は60gのタンパク質が必要です。その1.5倍くらいは摂りたいですね。

それだけの量を食事だけで摂るのは難しいので、サプリメントが必要です。筋トレやダイエット用のプロテインを活用してください。

タンパク質についてはこの記事で詳しく書いたことがあります。お時間あれば読んでみてください。

生命の万能素材 タンパク質

2013.07.07

 

(3)ビタミン・ミネラル摂取

肝臓で体温が作られるのは、そこに数えきれない種類の酵素が作られていて、その酵素がすごい勢いで「代謝」、つまり「化学反応」を起こしているからです。

化学反応が起こっている場所では、もれなく熱が生まれます。スマホを充電していると発熱しますね。あれも化学反応の熱です。

酵素が化学反応を起こしてくれれば、体温は上がります。肝臓で暖められた血液が、全身を温めてくれるから。

ただ、酵素が化学反応が起こすためには、そこにビタミンやミネラルが必要なんです。酵素を助けるビタミンやミネラルのことを、「補酵素」と言います。

中でもビタミンB群は、いろんな酵素の補酵素として働きますから、たっぷり摂りましょう。玄米、豚肉、うなぎなどに含まれていますよ。野菜からはあまり摂れないので、ベジタリアンの方は要注意です。玄米をよく噛んで食べることでカバーするか、サプリメントを活用しましょう。

 

(4)お風呂はぬるめに長く

これはアトナビスタッフゆうこりんに教わったことですが、38~40度くらいの温めのお風呂に20分以上浸かることで、カラダがまんべんなくあたたまるそうです。

これはカラダの表面と内部の温度差がなくなることを意味します。温度差があると、血流やリンパの流れにムラができるんですよ。温かいところは血管やリンパ管が広がってスムーズに流れますが、冷えてるところは収縮するので滞りますよね。このムラをなくすことで、全身の流れをスムーズにするんです。

ぬるめのお風呂に長く入って、カラダを芯から温めてくださいね。

 

 

さあ、これであなたも冬を乗り越えられますね^_^

自分で温度を作れるカラダを作っていってくださいね。

アトピーにもきっと良い影響をもたらしてくれます。

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。