【おすすめ書籍】 医学常識はウソだらけ

僕がアトピーを改善するために最も役に立った知識の一つが、「分子栄養学」です。

ステロイドを止めて、それまで抑え込んでいた本来の症状が吹き出てきて、仕事もろくにできない状況に陥っていたとき、会社の先輩の紹介で分子栄養学の専門家に出会いました。

その方のセミナーを聞いたときのことは、今でも鮮明に覚えています。どんなことをメモったかまで思い出せるほど、それくらい鮮烈な印象を受けました。

当時一般的だった栄養学は、「どの栄養素が不足するとどんな病気になるか」や「この病気の人は○○を食べてはいけない」というような知識を一生懸命広めていました。「ビタミンB1が不足すると脚気(かっけ)になる」とか、「高血圧の人は塩分を控えるべし」とかですね。いわば「料理の延長」のような学問だったんです。

だから栄養学は、料理というアートな世界にもなりきれず、医療の現場でも発言力がないという、非常に中途半端な分野だったんです。少なくとも僕のイメージはそんなものでした。

ところが、セミナーで聴いた「分子栄養学」は、そんなイメージを根底から覆すものでした。

60兆個の細胞でできた僕たちのカラダ。僕たちが食事からとった栄養素は、血管を通って全身に回り、それらの細胞の中に入り込みます。その細胞一つひとつの中で、ビタミンやミネラルなどの栄養素が、どんな働きをしてくれているのか?それを解き明かしてくれるのが、分子栄養学という学問でした。

それは極めてサイエンスでした。

人間のカラダはこうやって動いていて、こうやって命を繋いでいるのか…。なにか人体の秘密を聴いてしまったような、不思議とワクワクする感覚でした。同時に、この考え方をアトピーに応用すれば、僕のカラダは変えられると直感したのです。

実際、分子栄養学はとても多くのヒントを僕に与えてくれました。

そんな分子栄養学を学ぶ最初の一冊として、その専門家の方に進めていただいたのが、「医学常識はウソだらけ」という本。

著者の故 三石巌(みついしいわお)氏は、自身の糖尿病をきっかけにミクロの世界の栄養学を研究し、「分子栄養学」という分野を打ち立てた方です。

この本では、一般的に信じられている医学常識・健康常識を、コテンパンに論破していて、痛快です。

例えば、

  • 卵を食べるとコレステロールが上がるのはウソ
  • 鉄分を摂っても貧血は治らない
  • 運動すると老ける

などなど、当時の僕にとっては驚きの連続(笑)

もう初版から15年経過しているので、少し情報の古いところもあるでしょうが、今なお目からウロコの情報満載です。

アトピー以外の病気や不調で悩まれている方にも、オススメの一冊です。

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。