【おすすめ本の紹介】『アトピーが治った』 横井謙太郎さん(著)、清水良輔さん(監修)

 

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

最近、遠方からセミナーに参加してくださる方が増えてきました。

名古屋辺りからは毎回のように誰かが来られるし、最近では北海道、大分からも。

 

今年は関東や名古屋方面でも開催してみましょうかね。

開催したら来てくれるかな?

新しい場所と人との出会いは純粋にワクワクしますね。

 

またご案内できる時が来るのを楽しみにしていてください。

 

さて、最近僕の周りで出版ラッシュ!

今日ご紹介するのは、僕が勝手に“心の盟友”と慕っている、横井謙太郎さんの初の著書「アトピーが治った。」です。

 

横井さんは、NPO法人「アトピーを良くしたい」の代表理事。

アトピーの人たちの交流会「アトピーサロン」を定期的に開催するなどアトピーの人の生活の質を高めたいという思いで、精力的に活動されている方です。

ご自身も幼い頃からの壮絶なアトピー体験を持ち、現状ではかなり良くなっておられます。

 

2年前の夏に初めてお会いしたんですが、アトピーに対する見方がフラットで、僕と同じ匂いを感じたんですよね。

横井さんのアトピーの見方は「アトピーの治り方は“百人百様”」というもの。

アトピーの人が100人いたら、治り方は全員違って100通りあるっていう考え方です。

 

一つの治療法や商品を勧める人が多い中で、あらゆるものを受け入れる器があり、「あ、この方は縛られていない自由な方なんだな」と直感しました。

そんな横井さんのもとには、たくさんのアトピー体験者が集まってくるわけですが、今回の本は、そんな方々の体験談を集めたものになっていて、7人のアトピーの方の「治った」が掲載されています

  • ケース1:カウンセリングで取り戻した「天真爛漫な私」
  • ケース2:「人に左右されない自分軸」を取り戻す
  • ケース3:一緒に戦ってくれた両親はかけがえのない戦友
  • ケース4:治らなければ死ぬ気で渡航したプーケット
  • ケース5:半身浴とブログ、そして反骨精神が効いた
  • ケース6:母からの脱出、家からの脱出で道を切り開く
  • ケース7:子供のアトピー治療で学んだ最大のこと

 

僕がこれを読ませていただいて、いいなーと思ったポイントが3つあります。

 

第3者視点

 

体験談なので本人の口で語られている風に書かれているので、ぐいぐい気持ちが入っていくんです。

アトピーの人の話だからね、共感がすごい。

でも、章の冒頭に横井さんから見たその人の印象、章の終わりに監修の清水医師からのコメントが書かれているので、それがうまーく感情を洗い流してフラットにしてくれるんです。

感情が入りすぎていると、むしろ自分に当てはめて考えることができないので、この洗い流しは本当に助かりますね。

 

人の体験を深く聴いて、入り込んで、そんでフラットに戻って自分事として考える。

 

読むだけでこれができる本は、アトピー関係のものではなかなかないと思います。

 

やり方じゃなくて考え方・捉え方

 

特定のやり方に偏った本ではないので、誰が読んでもすんなり読めるし、逆に今の自分が取り組んでいる方法について冷静に考えるきっかけになることもあると思います。

「アトピーから何を学んだか」

「どんな心境の変化があってアトピーが消えていったのか」

といった、考え方・捉え方が上手に引き出されているので、どんな治療法に取り組んでいる人でも、学びの深い本になると思います。

 

7人それぞれのターニングポイントがある

 

みなさん、「この瞬間からスイッチ入った」っていうターニングポイントがあるんです。

これは僕にもありました。

本当に自分事になった瞬間。

 

アトピーを恨むとか、

アトピーの人生を嘆くとか、

親が鬱陶しいとか、

医者が頼りないとか、

薬の危険性とか、、、

 

もうそんなんどうでもええわ!

 

みたいな瞬間。

僕は「患者をやめた瞬間」って呼んでるんですが、アトピーから抜け出した人には、みなさんそんなターニングポイントがあるように思います。

それはきっとみなさんにも訪れるし、そうならないとしたら、何かにこだわってるってことなんだと思います。

 

「自分が正しいんだ」

「私はかわいそうなんだ」

「悪いのはあの人なんだ」

ってことを証明したいのか、

「アトピーから抜け出したいのか」

どっちなんでしょう?

 

フォーカスするところを変える必要があると感じている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

きっと響くところがあると思いますよ。

 

 

アトピーが治った。

横井 謙太郎 (著), 清水 良輔 (監修)

 

アトピーの世界にまた新しい風が吹き込まれました。

面白くなってきたなと感じています^_^

 

改めまして、横井さん、出版おめでとうございます!!!

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。