「アトピーと向き合う」とはこういうことなのだ

土曜日は大阪でアトピーナビゲーションを開催しました。参加いただいた方ありがとうございました。やっぱりね、アトピー経験者が集まると、深~い話になりますね。

 

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

2名のスピーカーをお呼びしてお話して頂いたのですが、お二人とも個性があって、面白いお話でした。

 

本気で向き合った半年間

お一人目の澤登温子さんは、ほんわかカワイイ女子大生。

かとおもいきや、お父様のお仕事の関係でブータン王国での生活経験がある帰国子女で、大阪大学医学部で、英検1級を取得し、ボランティアでルーマニアに行って英語を教え、ダンスとピアノが趣味で、アトピーやご家庭のことですっごく苦労もしてきてる、ん~、なんというか、「経験値の高い方」でした。

コミュニケーション能力も高かった。あんまり自分からグイグイ喋らないけど、すごく人の話を聴いて、その上で自分の意見を言う時はしっかりと話すんですよね。大学3回生とは思えないほど成熟した面と、好きなことには目をキラキラさせる純粋な面とがバランスよく織り交ざった素敵な女性でした(^_^)

幼い頃からアトピーで、見た目のコンプレックスも強く、とにかく人目が気になり、隠したくて隠したくて…。女の子だと余計にそうなりますよね。

受験などのストレスフルな時期には症状も酷くなって、「アトピーさえなければ!」って、何度思ったことか。

アトピーに関しては、ずっとお母さんの言うとおりにいろんな治療を試して来たみたいですが、結局、ご自身の精神状態によって、良くなったり悪くなったりを繰り返す日々。

そんな中、今年に入ってから自分のカラダと向き合うことを決意し、僕のセミナーに来てくださいました。

それ以降、

栄養バランスを改善し、

保湿を丁寧にやるようになり、

半年ですごく綺麗になったんです。その結果が見れて僕もすごく嬉しかった。

 

でも、その背景には、彼女がしっかりと自分と向き合った日々があったんです。

アトピーから抜け出すと決めてから、彼女は毎日、「絶対良くなる、絶対良くなる」って口に出しながら首の保湿をやっていたんです。

「言葉に出すと潜在意識に刷り込まれて、それが現実になるって話を聴いたから」

だそうです。

それでも、鏡で自分の赤い首を見るたびに現実に引き戻されてしまうので、鏡に憧れの女優さんの写真を貼って、「自分はこうなるんだ!」ってイメージし続けたそうです。

そして、毎日手帳に、良くなった日は上向き矢印、悪くなった日は下向き矢印を記録。そうやってしっかり結果を追おうとしたんですね。

そして数ヶ月立った時、一気に皮膚が剥がれ落ちて、下からきれいな皮膚が現れたそうです。「思考は現実化する」という有名な本がありますが、まさに!という感じですよね。

 

「向き合う」ってどういうこと?

どうですか?

これなんですよね。抜け出せる人と抜け出せない人の違いは。

 

別に毎日「治る」って唱えろと言っているわけではありません。その方法が合う人と合わない人がいますから。

ただ彼女は、

自分で考えて、

自分に必要そうなことを探して、

自分に合った方法を試していったんです。

 

それは彼女が阪大医学部に行くほど賢いからでしょうか?いや、違うと思います。彼女はとにかく治したかったし、そのために自分と向き合ったということだと思います。

それまで、お母さんに言われたことしかやらなかった。自分の能力を発揮できないのをアトピーのせいにしてた。そんな「依存」の自分から、「自立」の自分に変わろうとしたんです。その時初めて、他人のアドバイスを素直に受け入れられたんじゃないでしょうか。

アトピーを治すコツは何ですか?って訊ねて来られる方はたくさんいるんですが、正直コツを知っても脱出はできません。まずは、「自分でなんとかするんだ」っていう、「自分発の意思」が必要だから。

僕はよく、

「アトピーは治さなくてもいいもの」

ということを言いますが、これは、「自分発の意思」が無いうちは何も進まないからです。

「治すべき」とか「治さねば」とか、これは「他人発の幻想」だと思うんですよね。そこにエネルギーは生まれないと考えています。

「私は自分の力で抜け出すことを選ぶ。」

そういう感覚が持てた時、初めてアトピーと向き合う力が湧いてくる気がします。

彼女のお話を聴いて、ちょっと熱くなったなぁ(笑)

温子ちゃん、素敵なお話をシェアしてくれて、ありがとうございました!

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。