アトピーから抜け出す瞬間は突然やってくる

こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桒野靖士(くわのやすし)です。

 

アトピーからの脱出は一筋縄では行かないものです。よくなってきた~と思っていい気分に浸ってると、調子乗ってんじゃねぇぞとばかりに悪化するんです。

季節の変わり目、

仕事のストレス、

乾燥、

花粉、

ホコリ。。。

そんなちょっとした変化で、アトピーの調子は簡単に狂います。

今日は僕のアトピーがどんな感じで変化していったかを書いてみたいと思います。

 

アトピーは気まぐれ

僕のアトピーも、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ少しずつ改善に向かっていったように思います。

症状が急に悪化したりなんかすると、本当に凹んでしまって、友達の約束もドタキャンどころか、無断キャンセルしてしまったことも一度や二度ではありません。何度もかかってくる友達からの電話とメールを無視し続けながら、痒みと罪悪感と劣等感でボロボロになって布団の中でもだえていました。

そうかと思えば、あれ?今日はめちゃくちゃ調子がいいぞ?っていう日もあります。元々症状の軽いところなんかは、所々すべすべの肌が現れたりします。正直かなり期待が膨らみます。このまま一気に治っちゃうんじゃないか?

実際、そこからしばらく調子よくて、数ヶ月間元気に過ごせることもありました。

んで、またある時期から悪くなって。。。また良くなったと思ったら悪くなって。その周期も長かったり短かったり。あまりはっきりとした傾向はつかめませんでした。

それに、症状がゼロになるっていうことは一度もありませんでした。

とにかく、期待と失望の連続。そんな状態が、皮膚科に行くのをやめてから、3年間続きました。

 

「終わったな」とわかったとき

それでも、3年経った頃にはずいぶん症状は軽くなっていました。ただ、やっぱり痒みが酷くて、病院(内科)で抗ヒスタミン剤や抗ロイコトリエン剤などの痒み止めを処方してもらったりもしていました。

そんな感じでズルズルとアトピーと付き合っていたんですが、ちょうど今の奥さんと付き合い初めて1年くらい経った頃、一緒に住もうってことになって、引っ越しをしました。

一緒に住み始めて数ヶ月経った頃、そういえばこの1週間全く薬を必要としなかったなっていう時があったんです。痒みというものが全くない。

皮膚はまだ乾燥しがちで、こまめな保湿が欠かせませんでしたが、一カ所だけ、小鼻の辺りに何かテカるものを見つけました。

「あ、これは自分の皮脂だ。」

その瞬間、「これで終わるな」と直感しました。アトピーと向き合う中で一番嬉しかった瞬間でした。

アトピーを発症してからの5年間、一度も自分で作った皮脂を見たことがありませんでした。それがわずかではあるものの、確かに出ている。

それからです。一気に皮膚がきれいになりました。

皮膚がいつもガサガサだった肘の内側もすべすべの肌になりました。

首筋のゴワゴワ感も消えて動きやすくなりました。

毎朝、砂漠化した地面のようにめくれていた顔の皮膚も皮脂に覆われた、潤った皮膚に変わりました。

 

僕のアトピーは終わりました。とうとう抜け出した。大きな達成感を感じることもできないくらい、すぅ~っと。

 

最後は偶然

こうやって書くと、なんだ同棲を始めたから良くなったんじゃないか!って突っ込まれそうですが、はっきり言って「その通り!」なんです(笑)

家に誰かがいる安心感や、

掃除の行き届いた部屋(ちなみに僕は掃除が劇的に下手)、

バランスの良い食事、

規則正しい生活。

そういうのが一人でいるときよりも格段にレベルアップしますからね。そのおかげでアトピーから一気に抜け出せたんだと思います。

そういう意味では、最後の一手は「偶然の一手」でした。

でも、それはそれまでに築いてきたものがあったからこそ効いたのであって、もしカラダを変える努力を何もしていなかったら、同じ一手を放ってもなんの変化も得られなかったかもしれないんです。

それまで時間をかけてじわじわと少しずつ変化させてきたカラダがあって、最後の最後で環境がガラッと変わったんじゃないかと思うんです。

金鉱まであと何m?

金山で金鉱を掘っているところを想像してみてください。

ず~っと岩の壁を掘り続けている。もう何百m掘ってきただろう?いつまでたっても金は出ない。

あいつは先週、金を掘り当てたらしい。あいつも昨日出たんだ。

俺はどこまで掘れば出るんだろうか?

掘ってるところ間違ってるのかな?

ちょっと掘るとこ変えてみるか。

よし今日からあっち側を掘ろう!

- 翌日 -

別の人が同じところを掘ってみたら、

1m掘ったところで金が出た。

 

そういうことって意外とあるのかも。

あと何mかわからないと不安です。でも、今まで掘ってきたことは無駄ではなくて、最後の最後は、たまたまそこに金があっただけ。僕はそんな感じでした。ラッキーだったのかもしれませんね。

僕以外の方にもそんなラッキーが起こりますように。

 

 

 

 

アトピー改善アドバイザー

桒野靖士(くわのやすし)

 

 

アトピーの全体像がわかるメール講座

無料メール講座「アトピーの6つの側面 アトピックキューブ」配信中!

全7回+1回のメールが毎日1通ずつ届きます。

  • 第1の側面:アレルギー体質 Part1
  • 第1の側面:アレルギー体質 Part2
  • 第2の側面:炎症体質
  • 第3の側面:乾燥肌・敏感肌
  • 第4の側面:腸内環境
  • 第5の側面:副腎疲労
  • 第6の側面:メンタル
  • 番外編:僕が29歳年収3万円のうつ状態から這い上がってきた話

全8回が終わった時点で購読解除されていなければ、無料で読めるメルマガバックナンバー集(過去に有料メルマガで配信したものから抜粋したもの)もお届けします。

読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
※携帯アドレスで登録される方は、登録前に「atopy-navigation.org」からのメールを受取れる設定(受信許可リストへの追加)をお願いします。 ※PCアドレスの方は登録確認のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことがありますので、ご確認をお願いします。

 

読み続けるとアトピーから自由になるメルマガ

不定期でお届けする書き下ろしメルマガ。月額216円(税込)です。

カラダの仕組みとココロの仕組みの両面からアトピーについて考え続けることで、アトピーの捉え方はシンプルになっていきます。

お伝えしたいのは「答え」ではなく、考え方や思考のプロセス。

巷に溢れるアトピー情報に振り回されることなく、自分の軸で考え、行動したい方にオススメします。

こちらからご登録ください。登録解除はいつでもできます。

 

全国各地でセミナーを開催しています

セミナー情報はこちらに記載しています。

また上の無料メール講座にご登録いただくと、常に最新情報をお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、大分県出身。 大阪大学卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。 入社の数ヶ月後からアトピー性皮膚炎を発症。 2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。 激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。 3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。 しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。 仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。 自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。 自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。 アトピー改善アドバイザーとして全国で講演やカウンセリングを行い、「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」というメッセージを伝えている。